ちいさな学び

  • カテゴリー: 塾長の一人ごと

先日

 

自転車のパンク修理のために

 

エッチラ、オッチラ自転車を運んでいたら

 

普通の、ほんとに普通の民家の庭先で

 

コーヒーを販売しているのを発見。

 

店名「ハルロナ」

 

家族の名前から一文字ずつなんだって

 

なんか気になっちゃって修理をお願いしている間に入ってみました。

 

 

コーヒーの鮮度が違うのか

 

引き方が上手なのか

 

淹れ方がウマイのか

 

まぁ全部か(笑)

 

おいしかったなぁ。

 

飲み終わった後チョコみたいな香がマスクの中に残ってて

 

後味まで楽しめました(#^.^#)

 

コレ見て思ったんですけど

 

商売って、やろうと思えば

 

いつでも、どんな場所でも始められるってこと

 

ようはそこに踏み出せるだけの「勇気」と「楽しさ」があるかどうか。

 

続けていればきっと誰かが見ていてくれるし

 

誰かの心に刺さるときもくる

 

なんか応援したくなりました。

 

また行こう(*''▽'')