やまなみ進学教室矢切校

  • カテゴリー: 塾長の一人ごと

目の前の県道の拡張工事があり

 

矢切校の入っていたビルが取り壊しに。

 

そのため

 

4月1日から新教室へ移転して授業を続けております。

 

日々ステキな教室・空間にするために

 

いろいろ考えて手を入れてます。

 

 

これもその一つ

 

ここ3年くらいで活動した活動記録の一部

 

メインは自然体験合宿と勉強合宿の写真

 

体験に来た生徒がコレを見て

 

「あれ?ちょっとほかの塾と違うかも??」

 

とか

 

「あれ?ちょっと面白そうとか♪」って思ってくれたらいいな。

 

現役生も卒業生も

 

まとめて大切にしていきたい

 

この繋がりはきっと自分の宝物になるって信じて。

 

いや

 

すでに宝物になったかな。

 

一人でも多くと面白い話と体験をしたいね(≧◇≦)

詳細はこちら

宿題革命

  • カテゴリー: 塾長の一人ごと

宿題って本当に必要??

 

素朴ではあるけど恐ろしく根源的なお話

 

当たり前を疑い

 

今ある当たり前に一石を投じるこの議題

 

そんな宿題についての意見交換会がウエブ上で開かれました。

 

そこで思ったのは

 

宿題はあるべきものであるってこと

 

ただ、

 

取り組み方や宿題を出した側の対応ってのも大切ってこと

 

 

これはある中学生が絵日記的な感想を宿題として求められたときに提出したもの

 

個人的には大爆笑で

 

むしろここまで「宿題」というフィールドで自分を出せるのはスゴイ

 

なんて思ったけど学校の先生には怒られたみたい。

 

でもね

 

これも出し方や対応の仕方が問題なんだろーな

 

って思ってしまうわけです。

 

中学生に絵日記的なもの書かせて

 

彼らにどんな能力の錬成しようとしているのか

 

このへんをちゃんと説明して理解してもらえたのかな??

 

また先生たちはこれをどう評価して

 

どういう理由づけでだしたのか。

 

そもそも忙しい学校の先生がこの課題をしっかり把握して

 

対応できるのか??

 

結局

 

一律に同じ宿題ってのは時代にそぐわなくなっているってこと

 

わからない箇所も

 

好きな教科や嫌いな教科も

 

得意なことも苦手なことも

 

人それぞれ違うのに一様に訓練しようとした

 

昭和初期の効率的な教育の方法が

 

ここにきて破綻をきたしているという事実。

 

それがわかったかな

 

だからやまなみでは

 

個人をみて宿題の有る無しを決めるし

 

量や質もそのときのメンバーやテンションによって

 

毎年変わっていくわけです。

 

もちろん私が時間内に対応できる範囲でね

 

だからこその

 

少人数個別制なんですね。

詳細はこちら

年度末の大掃除

  • カテゴリー: 塾長の一人ごと

書くのをさぼってしまっていたので

 

少し前のことをご報告。

 

春休みに入ってすぐくらいに

 

先ごろ卒業した中学3年生とともに

 

教室の大掃除をしてもらいました(≧◇≦)

 

やまなみにとっての年末扱いですね♪

 

 

窓から

 

シャッターから

 

もう見える範囲とお世話になった箇所全部

 

ピッカピカにしてもらって

 

後輩に引き継いでもらいました(≧◇≦)

 

ありがたいなぁというより

 

うれしいなぁって思うのは

 

「大掃除するからお手伝いしてよー」って声をかけたら

 

嫌な顔せずに多くの生徒がお手伝いに来てくれたこと。

 

この中から何人が今後も関係を続けてくれるかな?

 

何人が大人になったときに飲みに付き合ってくれるかな?

 

今年の子たちはみんないい子たちでした。

 

そんな彼らにステキな高校生活が訪れてくれていることを祈っています(≧◇≦)

 

ホントにありがとう!!(#^.^#)

詳細はこちら

キャンプDE花見

  • カテゴリー: 塾長の一人ごと

「子育て」


育てているのか

育てられているのか

最近ではあやふやな感覚になってきましたが

その一環で行ったデイキャンプ

サクラを見ながらのたき火

サクラを見ながらBBQ

そしてたき火メシ

雨だったけど

いや

雨だったからこそ

人もすくなく・・・

控えめに言って「最高」です(笑)

 

 

自然の中で

走って

触って

感じて

知って

思考する

 

多少のケガは織り込みずみで

それさえも経験にしてくれる

火が熱いという経験

火が暖かいという経験

松の葉は良く燃えるという経験

外で食べる食事は美味しく感じる

あのなんとも言えない経験

すべてが彼らの血肉になって

それが土台になって

今後の彼らの行く末をきっと照らしてくれる

きっと親ができることって

そういう経験ができる場所を提供することなんだと思う。

だから

やまなみ進学教室を通して

私が出会えた人たち

私が携われた人たちには

なるべく多くの経験をしてもらえるように

今年も頑張ります。

いよいよ

令和4年度のやまなみ進学教室がスタートです!!

詳細はこちら

今いる場所に留まらない姿勢

  • カテゴリー: 塾長の一人ごと

息子がお世話になった保育園の先生が

 

この3月で退職されることになった。

 

その先生に手紙を書くべく「ひらがな」を勉強中。

 

「しなければならない」でもなく

 

「すべき」でもない

 

本人の「書きたい!」がそこにある。

 

 

昨日できなかったことが

 

今日にはできるようになる

 

昨日までいた場所に

 

今日はもういない

 

驚くべきスピードで進んでいる息子たち。

 

本人は変わっている認識なくても

 

日々変わっていく

 

成長していく

 

大人になると中々実感できないことだからこそ

 

彼らの凄さがわかるし

 

日々変われる彼らが羨ましくもあります。

 

彼らの変化を許容できる。受容できる。

 

そんな大人。そんな親になりたい

 

そんな大人。そんな親でありたい。

詳細はこちら

卒業おめでとう!!

  • カテゴリー: 塾長の一人ごと

本日、今年の中学生が無事に卒業しました。

 

今年は過去一番の卒業生の多さで

 

なんと16名。

 

もう毎年恒例になりつつありますが

 

その生徒たち皆に

 

やまなみ進学教室からお花をプレゼントさせてもらいました。

 

卒業おめでとう!!

 

高校でのステキな出会いがあること

 

そして

 

ステキな時間を過ごせることを祈っています。

 

詳細はこちら

やまなみの卒業旅行

  • カテゴリー: 塾長の一人ごと

「すべき」でも

 

「ねばならない」でもなく

 

「やりたい」が最初にあると

 

子どもはとことん突き進む。

 

やまなみの卒業旅行はそんな感性への入り口

 

非日常の楽しさを見つけに行ってきました(≧◇≦)

 

 

行ったのは成田にある廃校を利用したキャンプ場。

 

『元』学校の校庭でたき火をして

 

『元』学校の校庭でBBQ

 

そして

 

『元』学校の校舎で夜ふかし( *´艸`)

 

今月、中学を卒業する(した)中学3年生たち

 

彼らの希望で

 

彼らの「やりたい」で始まったこの卒業旅行

 

こちらで用意したのは

 

たき火とBBQ

 

後の「楽しい」をどうデザインするかは彼ら次第。

 

中学の3年間が終わり

 

これから新たな場所で

 

新たな仲間と過ごす3年間

 

大きなことじゃなくていい

 

生活のほんの一部、ほんの一瞬でいい

 

「やりたい」を見つけて

 

「楽しい」を造り出し

 

その感覚を繰り返す

 

「やりたい」がスタートラインで

 

「やりたい」のスタートラインがこの旅行

 

彼らにとってステキな時間になってくれてたらイイなぁ

詳細はこちら

厄払い

  • カテゴリー: 塾長の一人ごと

お久しぶりです

 

塾長です。

 

2022年が明けまして

 

早くも一ヶ月が過ぎてしまいました。

 

早いですねぇ

 

受験までも13日と

 

いよいよ!いよいよです!!

 

そんな中ですね

 

今年に前厄を迎えるワタクシは

 

厄払いといったら「西新井大師」へ

 

厄払いをしてきました(≧◇≦)

 

 

厄払い後は妻に

 

「心なしかスッキリしてない?」

 

なんて言われる始末

 

きっと今まで濁った顔していたんでしょう(*´Д`)

 

今年は矢切教室の移転もありますが

 

さまざまな占いで

 

「今年は大人しくしていましょう」

 

みたいなこと言われていたので

 

あまり大きな変化を望まずに

 

今まで積み上げてきたものの確認と検証の時間にあてたいと思います。

 

厄払いも済んだ2022年

 

どんな年になるのか楽しみです(#^.^#)

詳細はこちら

いることを楽しむ

  • カテゴリー: 塾長の一人ごと

やまなみの小学生の特徴です。

 

「その場にいること自体が楽しい」って状態

 

これを塾で成立させるのって結構大変

 

なぜかって?

 

だってほとんどの生徒が

 

勉強がキライ。

 

もしくは

 

勉強できない。ってことが多いんです

 

だから入会してくるのです。

 

だから難しいんです。

 

けど

 

やまなみの小学生の部はそんなことも可能にしちゃう

 

みんなで一緒になって何かをするわけではないけど

 

一人になるわけでもない

 

孤独な頑張りを強いることもない

 

けど課題があって

 

自ら取り組むことが当たり前の空気感の中にいる

 

だから自分から進んで行動するし

 

結果も見えてくる

 

だから勉強してても笑顔になれる

 

それって結構スゴイことなんじゃない??

 

なんて思うようになってきた今日この頃。

 

詳細はこちら

公立高校入試まであと・・・

  • カテゴリー: 塾長の一人ごと

31日。

 

今日1月25日を過ぎると

 

あと30日。

 

受験生たちもいよいよ本気モードです(''◇'')ゞ

 

やまなみ進学教室では私立の第一志望校合格者が3名出ました!!

 

おめでとう(≧◇≦)!!

 

 

 

 

そんな本気モードの彼らを応援する

 

新しい仲間

 

今年の干支のホワイトタイガー君です。

 

名前はまだありません

 

今年中に決められたらいいな

 

なんて思ってます。

 

そんな彼(彼女??)は

 

教室にてみんなの頑張りを見守っています。

 

これまでの時間が彼ら彼女らにとって

 

かけがえのない1年になっていますように。

 

そして

 

全員が第一志望の高校に合格できますように!!

詳細はこちら